スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

海道



常呂の海の見える高台。
スポンサーサイト

麦丘



女満別の麦の丘と曇り空。

雨とタヌ



朝顔を雨よけにするタヌ。愛想の良い顔。

エゾキスゲ




小清水原生花園で一昨年撮ったエゾキスゲ。バックは濤沸湖(とうふつこ)。
黄色なのでエゾゼンテイカとは見分けがつく。花期はゼンテイカより遅い7月終わりごろ。
本州でいうユウスゲと近く、夕方から花が咲き初め朝まで咲いているそうだ。撮影日は雲っていて涼しかったせいか、午後でも満開の花に逢えた。カンゾウ類は種類が多く各地で呼び名も違ってたりしてやっかい。好きなんだけど。ただしヘメロカリスの名で売られる洋種にはあまり惹かれない。

ニッコウキスゲ




庭のニッコウキスゲ。
これが咲き出すとエゾゼンテイカの見ごろになるので、毎年ゼンテイカ詣での指標になってくれる。
でもニッコウキスゲ(日光黄菅)もエゾゼンテイカ(蝦夷禅庭花)も実は同じ花なのだと調べて知った。志賀高原など本州の高原で見られる花と北海道で見られる花とでは微妙な違いがあるらしいけれど、ほとんど差異が無いので同じ種として扱われるのだとか。ちなみにエゾカンゾウ(蝦夷萱草)はエゾゼンテイカの異名でこちらは全く同じ花。

牡丹




夕日に浮かぶ薄ピンクの牡丹。

バラ




下手なカメラでも美しく写るフォトジェニックなバラ。バリエガタ・ディ・ボローニャ

アケボノフウロ




放っておくとどんどん増える。ピントを合わせにくい花なんだけど今日はちゃんと撮れた。

オリエンタルポピー




これも今年初めて咲いた花。北海道の庭にはやはりコレがないと。

黄蓮華躑躅




今年初めて咲いたキレンゲツツジ。まだ株が小さいので花が少ない。来年はもっと咲くといいな。
プロフィール

胡舟

Author:胡舟

オホーツク在住。北の海のクラフトを創っています

カメラ:Canon EOS Kiss X2
レンズ:タムロン SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD
Super Takumar 55mm F1.8
ビデオカメラ:Panasonic HC-V300M

最新記事
リンク
月別アーカイブ