スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マグカップ



オニューのマグカップ。左が私の、右が夫の。
スポンサーサイト

アメシスト



ウルグアイ産アメシスト。大きさは特大肉まんくらいで、今回ミネラルショーで購入した中で一番高かった石。ウルグアイ産アメシストはぜひ欲しくて、できれば花形をと思っていたのでちょっと高かったけど思い切った。色は暗め、素敵な輝き。

フローライト



フローライト、中国産。大き目の肉まんくらいでずっしりしている。湿った氷の粒の塊みたいでとっても好み。

アンモナイト 3



オパール化アンモナイト。直径5-8センチ。このタイプは安かった、小さいのは数百円で売っていた。

アンモナイト 2



ミネラルショーで一目惚れしたパイライト(黄鉄鉱)化アンモナイト、ロシア産。まるで金属部品みたいでカッコいい。直径約7センチ。これは銀色だけど、黄鉄鉱本来の金色になったものも売っていて、そちらは金細工みたいだった。

アンモナイト



オパール化アンモナイト、マダガスカル産。大きさは手のひらに包みこめるくらい。ミネラルショーではアンモナイトが本当にたくさん売っていた。安いものでは数百円というのもあった。これは二日目に購入したもの。微妙な諧調を持った濃い赤色が落ちかかる夕陽の色のよう。

黄鉄鉱



ミネラルショーで購入した黄鉄鉱(パイライト)。金属フェチなので黄鉄鉱が欲しかったのだが、思ったより値が張った。なんとか安くて大き目のものを探し出したのがこれ。キラキラしてかっこいい。

砂漠のバラ 2



母にもらったデザートローズ。大人の手のひらくらいの大きさ。産地はわからないけどメキシコかな?ミネラルショーで売っていたのもほとんどこのタイプだった。昨日のサハラ産が赤バラだとしたら、こちらは白バラ。たくさんくっついてるから房咲きのフロリバンダかしら?

砂漠のバラ



2011年暮れに東京ミネラルショーへ行って来た。鉱物ザックザク状態に舞い上がっていろいろ買ってきたので、ぼちぼちアップしていく。
これはデザートローズ(砂漠のバラ)。サハラ砂漠産出。大きさは肉まんくらい。デザートローズは世界中で出るそうで、サハラ産のは赤褐色。ミネラルショーでは白っぽいのは多く見かけたけど「赤バラ」を売っていたのは1店しか見当たらなかった。「砂漠のバラ」なんと詩的で魅惑的な名前だろう。憧れていたので手に出来て嬉しい。

日枝



クレマチス日枝。500円玉大の小さな花で繊細な色。写真に写ると一層おしゃれに見える。
プロフィール

胡舟

Author:胡舟

オホーツク在住。北の海のクラフトを創っています

カメラ:Canon EOS Kiss X2
レンズ:タムロン SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD
Super Takumar 55mm F1.8
ビデオカメラ:Panasonic HC-V300M

最新記事
リンク
月別アーカイブ