スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優曇華の花

Img_5957.jpg
エゾノコリンゴの枝を剪定していたら、エゾノコリンゴに生み付けられた
「優曇華(うどんげ)の花」と呼ばれるウスバカゲロウの卵を見つけた。
 
Img_5961.jpg
よく見ると卵のあるコリンゴの実の左上に小さい虫が見える。
枝の剪定でずいぶん木を揺すったのに、卵の側から離れないで偉いな。
カゲロウの仲間は九州から北海道まで日本中に分布しているそうだ。
20年くらい前に所沢の家の庭でウドンゲの花を見たことがあるけど
北海道でも見られるとは思いがけなくてびっくり。
プロフィール

胡舟

Author:胡舟

オホーツク在住。北の海のクラフトを創っています

カメラ:Canon EOS Kiss X2
レンズ:タムロン SP 90mm F/2.8 Di MACRO 1:1 VC USD
Super Takumar 55mm F1.8
ビデオカメラ:Panasonic HC-V300M

最新記事
リンク
月別アーカイブ